法規対応におけるサイバーセキュリティマネージメントシステムの必要性|DNV GL Business Assurance,Japan KK
トップページ > セミナー情報 > 法規対応におけるサイバーセキュリティマネージメントシステムの必要性

セミナー 車載セキュリティ

法規対応におけるサイバーセキュリティマネージメントシステムの必要性

主催:DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン株式会社

コースの目的・概要 現在、国連のWP29サイバーセキュリティタスクフォースにおいて、 車両のライフサイクル全体にわたり、サイバーセキュリティを確保するための 要件などを含めた2つの国際基準を策定中です。  本国際基準に則った日本の法律も最短で2020年末に施行となる予定であり、 自動車向けサイバーセキュリティ規格であるISO/SAE21434発行(IS)を待って いられない状況です。

 当セミナーでは、車載セキュリティの研究を長年されている名古屋大学の 倉知亮先生にご登壇いただき、車両のサイバーセキュリティにおいて必要となる 最新のセキュリティ技術の動向と、現在、取り組まれているセキュリティテーマ などについてご紹介頂きます。また、車両の開発から廃棄までのライフサイクル におけるサイバーセキュリティマネージメントシステムの必要性と、 そのポイントなどをDNV GLよりご紹介いたします。
当日配布資料

『法規対応におけるサイバーセキュリティマネージメントシステムの必要性』
資料DOWNLOADはこちらをクリック→


※資料は貴社内のみでの共有とするよう、宜しくお願い致します。

PDFはZIPファイルにまとまっています。(size:8M )
解凍ソフトを使って解凍してください。

PDFは、最新バージョンのViewerにて御覧ください。エラーが出て表示できない場合が御座います。 Adobe社のサイトから無料でダウンロードできます
日程および場所

2019年11月8日(金) 13:00〜17:00

(受付開始時刻 12:30〜)

会場: 横浜 TKPガーデンシティPREMIUM横浜ランドマークタワー25F
       バンケットルームB 地図

定員 120名  ※申込は1社2名までとさせていただきます。ご了承ください。
参加費 無料
プログラム ・自動車業界のセキュリティ動向と技術 (仮)
    名古屋大学 大学院 情報学研究科 / 准教授 倉地 亮

  ・WP.29 Cybersecurity Regulationのポイントを理解し、
   組織/CSMSプロセス/PSIRTプロセスを構築する
    DNV GL/Cybersecurity Laboratory プリンシパル 竹森 敬祐

  ・誰でもできる!リスク分析
    DNV GL/Cybersecurity Laboratoryエキスパート 松並 勝

  ・セキュアなSoftware Updateの実現に向けて
    DNV GL/Cybersecurity Laboratory スペシャリスト 溝口誠一郎

※当日の時間割/タイムテーブルは前後/変更の可能性がございます。
お問合せ先 DNV GLビジネス・アシュアランス・ジャパン株式会社
japan.info@dnvgl.com
神戸事務所tel.078-291-1321
(受付時間 土日祝を除く 9:00-17:00)

【キャンセルポリシー、その他注意事項について】
  • ※有料コースの場合、コース実施の一週間前にお申し込みを締め切り、請求書を発送させていただきます。請求書に記載の口座にお振込をお願いします。(ご入金はコース受講後でも問題ございません) 
  • ※ご記入いただいた個人情報は、DNV GLビジネス・アシュアランス・ ジャパン株式会社が当セミナー関するセミナー・サービス等のご案内に利用させていただきます。尚、上記利用目的を実施するにあたり共催各社に対して当該情報を開示する場合があります。
  • ※DNV GLビジネス・アシュアランス・ ジャパン株式会社および共催各社は、個人情報につき必要な安全管理措置を行った上で、それぞれの個人情報保護に関する方針に従いお取扱い致します。
  • ※弊社とサービスが競合する可能性のあるお客様のご参加はご遠慮頂いて居ります。
  • ※プログラムは状況によって変更になる場合もございます。
  • ※申し込みが前後し、ご希望に添えない場合がございます。
  • ※定員に満たない/弊社の都合により開催中止とさせて頂く場合がございます
  • ※ブラウザやシステムの仕様でうまく申し込みできない場合があります。その場合はお手数ですがお問い合わせ先よりメールで申し込みください。

法規対応におけるサイバーセキュリティマネージメントシステムの必要性

入力内容に問題がありました。

送信内容の確認

下記の内容で送信いたします。 ご確認のうえ内容に問題が無ければ、ページ下方の [送信する] ボタンを押してください (修正する場合には、[戻る] ボタンから前の画面に戻れます)。

お申し込みを有難うございました。

下記の内容で受け付けました。
登録されたメールアドレスに自動的に確認メールを送りしています。
もし、確認メールが2日以上届かない場合は、 大変お手数ですが別途弊社までお問い合わせください。

⇒ 法規対応におけるサイバーセキュリティマネージメントシステムの必要性ページに戻る
⇒ サイトトップへ

ご希望の会場と日程をクリックしてください(下の日付をクリックしてください)。

<会場で受講> 2019年11月
横浜 8(金)
締切り
会場及び日程 必須

※ご希望の会場と日程を選択してください。

会社名 必須
氏名 必須 例)やまだ たろう
例)山田 太郎
メールアドレス 必須 例)test@dnv.com
確認のためにもう一度ご入力ください。
電話番号 必須 例)06-123-4567
所属・役職 必須
所在地 必須
FAX番号 例)06-123-4567
その他ご連絡事項があればご記入ください。
参加者合計人数
参加者氏名1 例)やまだ たろう
例)山田 太郎
参加者氏名2 例)やまだ たろう
例)山田 太郎
参加者氏名3 例)やまだ たろう
例)山田 太郎
参加者氏名4 例)やまだ たろう
例)山田 太郎
ページトップへ戻る