DNV Web Magazine
サイトトップ > 自動車トップ > 規格の「活用」について考えるワークショップ - Automotive SPICEとISO 26262を例として -

講義型トレーニング 自動車機能安全

お申し込みはこちら

規格の「活用」について考えるワークショップ - Automotive SPICEとISO 26262を例として -

本ワークショップでは、各種規格を「活用」できるように適切に開発規定に取り入れ,継続的に運用できるようにするためにはなにをどのようにしていくことが必要か,演習や議論を通じて学んでいただきます。

コースID ASPI-3
コース概要 開発活動に大きく関わるさまざまな規格への適合が求められるようになっていますが、それには、規格の目的を理解して開発規定に規格要件を適切に取り込むとともに、それを継続的に運用できるようにすることが必要となります。また、規格の目的を達成することは製品品質の向上につながるものとなります。
本ワークショップでは、ここで重要となる「規格を活用する」という考え方について、演習や議論を通じて学んでいただきます。

※本ワークショップのつづきとして、各組織において「規格を活用」できるようにするための支援について、個別ワークショップを実施することも可能です。

習得内容 各種規格の要件を解釈して開発規定に適切に取り入れるための考え方を演習により学んでいただきます。
そうして作られた開発規定を適切に運用することについて、議論を通じてそのヒントを得ていただくことができます。
取得タイトル なし
試験有無 なし
参加対象者 プロセス改善推進者、品質保証、開発担当者など。
※規格ごとに作られた開発規定を一本化して整理したいとお考えの方は、ぜひご参加ください。
受講要件 なし
定員 15名 
開催最少人数 6名
受講料 ¥180,000(税別)
開催形態 【オンライン】
Teamsを利用したオンライン講義です。
また、演習の際にTeamsのBreakout room機能を利用いたします。
Breakout room機能を使用するためには、事前にクライアントアプリのインストールが必要です。
なお、Webプラグインやモバイルアプリでの受講は、機能に制限があるため、受講不可としております。
以下にご承諾のうえ、お申し込みをお願いいたします。
・ご受講にあたりTeamsを利用いたします。
・氏名/メールアドレスが他の受講者に開示されます。
開催時間 2日間共 9:00 ~ 17:00 
その他 【DNVのトレーニングについて】
・ ISO認証審査会社として唯一、intacs認定トレーニングを提供(Automotive SPICE)
・ 経験豊富な講師陣多数
・ 過去10年日本企業に対してサービス提供実績多数
・ ISO26262との関連付けた実例を伴った実践的講義内容
講師派遣 ※各企業への個別開催も可能です。
下記の「お問合せ先」までご連絡をお願いいたします。
お問合せ先 DNV ビジネス・アシュアランス・ジャパン株式会社
Kobe.bajfs@dnv.com

※お申込み前に必ずお読みください。
【自動車関連 セミナー・トレーニングに関しての注意事項】
 

規格の「活用」について考えるワークショップ - Automotive SPICEとISO 26262を例として -

入力内容に問題がありました。

送信内容の確認

下記の内容で送信いたします。 ご確認のうえ内容に問題が無ければ、ページ下方の [送信する] ボタンを押してください (修正する場合には、[戻る] ボタンから前の画面に戻れます)。

お申し込みを有難うございました。

下記の内容で受け付けました。
登録されたメールアドレスに自動的に確認メールを送りしています。
もし、確認メールが2日以上届かない場合は、 大変お手数ですが別途弊社までお問い合わせください。

⇒ 規格の「活用」について考えるワークショップ - Automotive SPICEとISO 26262を例として -ページに戻る
⇒ サイトトップへ

ご希望の日付をクリックしてください。

2024年3月
オンライン 13(水) 〜 14(木)
OPEN
会場/日程必須

※ご希望の日程を選択してください。

会社名 必須

例)エービーシー工業株式会社


例)ABC Industry Co., Ltd.
申込者氏名 必須
例)すずき たろう
例)鈴木 太郎
メールアドレス 必須 例)taro.suzuki@dnv.com
確認のためにもう一度ご入力ください。
電話番号 必須 例)06-123-4567
所属・役職 必須
所在地 必須
このコースをどちらで知られましたか?必須
その他ご連絡事項があればご記入ください。
参加者合計人数
参加者氏名1必須 例)やまだ たろう
例)山田 太郎
例)Taro Yamada
例)test@dnv.com
参加者氏名2 例)やまだ たろう
例)山田 太郎
例)Taro Yamada
例)test@dnv.com
参加者氏名3 例)やまだ たろう
例)山田 太郎
例)Taro Yamada
例)test@dnv.com
参加者氏名4 例)やまだ たろう
例)山田 太郎
例)Taro Yamada
例)test@dnv.com
ページトップへ戻る