事故調査スペシャリストコース|DNV GL Business Assurance,Japan KK
トップページ > 事故調査スペシャリストコース

講義型トレーニング リスクマネジメント

お申し込みはこちら

事故調査スペシャリストコース

Professional Event Investigation (PEI:LFE)

事象調査を徹底することにより、間違いや誤りを発見し本質的な原因を突き止めることができます。また適切なリスク評価と集中的な管理構築により再発防止の重要な手段となります。このコースでは発見事故発生時のタイムリーな調査および原因分析のテクニックを解説します。

コースID LFE
コースの目的・概要 事象調査を徹底することにより、間違いや誤りを発見し本質的な原因を突き止めることができます。また適切なリスク評価と集中的な管理構築により再発防止の重要な手段となります。このコースでは発見事故発生時のタイムリーな調査および原因分析のテクニックを解説します。
場所

※昼食は、各自でご用意願います。
※トレーニング会場での録音、撮影はご遠慮願います。
※参加券等はございませんので、当WEBよりお申込の上、当日は直接会場へお越しくださいませ。
参加対象者 労働安全担当者、品質保証担当者、環境担当者および調査担当者
受験要件 RMB合格者、または合格者相当
時間 策定中
受講料 策定中
講義内容 -事故ビデオによるケーススタディ
-原因、影響、損失のコントロール
-事象調査の必要性
-適切な緊急時対応と初期捜査の処置
-事故の写真、スケッチ、マッピング作業
-証人、身体状況、内部文書からの情報収集
-効果的な調査報告の重要なポイント
-内部支援を得る方法
-試験



お問合せ先 DNV GLビジネス・アシュアランス・ジャパン株式会社
kob.dcjtraining@dnvgl.com
お問い合わせはメールにてお願い致します。

【キャンセルポリシー、その他注意事項について】
  • ※有料コースの場合、コース実施の一週間前にお申し込みを締め切らせていただき、請求書はコースご受講後に発送させて頂きます。請求書に記載の口座へのお振込をお願いします。
  • ※ご記入いただいた個人情報は、DNV GLビジネス・アシュアランス・ ジャパン株式会社が当セミナー関するセミナー・サービス等のご案内に利用させていただきます。尚、上記利用目的を実施するにあたり共催各社に対して当該情報を開示する場合があります。
  • ※DNV GLビジネス・アシュアランス・ ジャパン株式会社および共催各社は、個人情報につき必要な安全管理措置を行った上で、それぞれの個人情報保護に関する方針に従いお取扱い致します。
  • ※弊社とサービスが競合する可能性のあるお客様のご参加はご遠慮頂いて居ります。
  • ※プログラムは状況によって変更になる場合もございます。
  • ※申し込みが前後し、ご希望に添えない場合がございます。
  • ※定員に満たない/弊社の都合により開催中止とさせて頂く場合がございます
  • ※ブラウザやシステムの仕様でうまく申し込みできない場合があります。その場合はお手数ですがお問い合わせ先よりメールで申し込みください。

◆コース受付情報

  • 2018年度受付開始

事故調査スペシャリストコース

入力内容に問題がありました。

送信内容の確認

下記の内容で送信いたします。 ご確認のうえ内容に問題が無ければ、ページ下方の [送信する] ボタンを押してください (修正する場合には、[戻る] ボタンから前の画面に戻れます)。

お申し込みを有難うございました。

下記の内容で受け付けました。
登録されたメールアドレスに自動的に確認メールを送りしています。
もし、確認メールが2日以上届かない場合は、 大変お手数ですが別途弊社までお問い合わせください。

⇒ 事故調査スペシャリストコースページに戻る
⇒ サイトトップへ

ご希望の会場と日程をクリックしてください(下の日付をクリックしてください)。

<会場で受講> 未定
東京 未定
会場及び日程 必須

※ご希望の会場と日程を選択してください。

会社名 必須
氏名 必須 例)やまだ たろう
例)山田 太郎
メールアドレス 必須 例)test@dnv.com
確認のためにもう一度ご入力ください。
電話番号 必須 例)06-123-4567
所属・役職 必須
所在地 必須
FAX番号 例)06-123-4567
このコースをどちらで知られましたか?
その他ご連絡事項があればご記入ください。
参加者合計人数
参加者氏名1 例)やまだ たろう
例)山田 太郎
参加者氏名2 例)やまだ たろう
例)山田 太郎
参加者氏名3 例)やまだ たろう
例)山田 太郎
参加者氏名4 例)やまだ たろう
例)山田 太郎
ページトップへ戻る