トップページ » DNVと日科技連が業務提携(1/2)

DNVと日科技連が業務提携

すでに産業界に定着した感のあるISO9001やISO14001などの第三者認証制度だが、企業を取り巻く環境変化は加速し、マネジメントシステムをより有効に活用したいという組織の期待は高まってきている。そうした要望を満たす体制を構築すべく、DNVビジネス・アシュアランス・ジャパン株式会社(以下DNV)と一般財団法人日本科学技術連盟(以下日科技連)が、昨年12月に業務提携を締結。

提携の背景や内容、メリットなどのほか、第三者認証業界の現状について、DNVの代表取締役ゼネラルマ ネージャー前田直樹と日科技連のISO審査登録センター所長の小野寺将人氏に語っていただいた。

< 前のページ | 1 | 2 | 次のページ >

「3つのクオリティ」を掲げる日科技連と国際的ネットワークを持つDNV

――まずはお互いの認証機関としての特徴をお聞かせください。
小野寺 日科技連は品質管理の総合的な普及団体からスタートしております。
「良い審査とは組織が喜んでくれる審査である」
という基本理念に沿って、「3つのクオリティ」を追求しています。第一に審査員のクオリティ。これは審査の成否を決める大きな要素で、いかにレベルアップしていくかに時間とコストをかけています。 2つめはお客様との窓口になる業務サービスクオリティです。ここをレベルアップさせるには、スタッフがなるべく長く同じお客様を担当することがポイントになります。スタッフは毎月仕事の仕組み改善のための勉強会を実施し、レベルアップに努めています。3つめは営業のクオリティ、すなわち営業マン の質の高さです。営業マン全員を審査員レベルになるように力を入れています。規格やスキームを 理解したうえでの営業は、お客様に対して説得力があり、より良い提案ができます。

前田 DNV は「生命・財産、環境の保護」を 企業理念に掲げ、ノルウェー・オスロに本部を置 く自主独立財団として1864 年に設立されていま す。世界100 カ国、300 オフィスを構え、国内の みならず、国際展開をする企業を強力にサポート できる体制が整っています。日本では1965 年に神戸で設立、2010 年に日本法人化しました。認証、 船級、技術コンサルティングが主なサービスで、認証業務では、全世界80 認定のもと、70,000 件 以上の認証を実施しています。リスクマネジメントサービスを始めとする先進サービスをワールド ワイドに提供できるのが強みです。

顧客へのスタンスをより明確にしたい

――そんな両者が提携に至った背景をお教えくだ さい。
小野寺 我々にとっては3つの背景があります。第一に、今後お客様に支持されるために、自 分たちの特徴を明確にしたいということです。そのため、自分たちの強みであるISO9001 や ISO22000 を更に注力させていきたいと考えています。ただそうなると、多くのセクター規格まで 手が回わらず経営的にも効率は悪くなります。一方では、我々のお客様の中でセクター規格を取得 したいという組織も沢山おられ、そうしたお客様のニーズに応えられる体制をつくりたいと考えて いました。 第二に、ビジネスの範囲が日本国内だけに留まる時代ではなくなってきたことです。我々のお客 様が海外進出され、現地での審査が必要となりつつある中で、それに対応できる「グローバルに強 いパートナー」を探しておりました。第三の背景は、マーケティングの力を高めたい ということです。我々が単体で活動するよりも、先進的な認証機関と複数で活動したほうが、更に 訴求効果があると考えておりました。 実はもう1 つ、組織を活性化したいとの狙いがあります。世界的に活動されている他認証機関と 提携をして協業することにより、その考え方や手法について刺激を頂きたかったのです。

図1 (左) DNV代表取締役ゼネラルマネージャー 前田直樹
(右)一般社団法人日本科学技術連盟 ISO審査登録センター所長 小野寺将人氏

――それらを実現するために、数ある外資系認証 機関の中でDNVさんを選ばれたわけですが、その理由は?
小野寺 我々の基本は数より質を追求することですが、多くの外資系認証機関は、数を追い求め ているケースが多かった事は事実です。そんな中、我々のスタンスを理解いただけたのがDNV さんでした。実はさまざまな認証機関と接触しましたが、一緒に仕事をさせていただくパートナー はDNV さんしかないと思っておりました。認証機関の顔は「どんな組織を認証しているか」です。 DNV さんは我々が「いい組織だな」と思う企業を数多く認証されておられました。また、トップ が日本人であり、日本人の感覚で議論できたという事も大きな理由です。

前田 日本は一種閉鎖的な独特なマーケットなので、トップが外国人では、顧客の真意をはかり、 マーケット動向を理解しながら適切な策を打っていくのは確かに難しいかもしれません。契約社会 と信用商売の差等々、その感覚がなかなか外国人では理解できないこともあります。

小野寺 加えて、他の外資系認証機関はローカルの決裁権が少なく「本国に確認しなくてはなら ないから」と、話が進まないケースが多いです。そんな中、前田さんは基本的に現 場で即決され、決済権が非常に大きいと感じます。我々は信用商売 ですから、いかに相手を信用できるかが非常に重要になってきま す。お客様に対しても同じですし、連携するパートナーに対しても重 要な要素です。

前田 提携にトラブルはつきものです。そのとき大事なのは、トップ同士がどこまで信用して腹を割って話しているか、そして現場ですぐ判断できるか、ですからね。

――DNVさんが提携を決めた背景は?
前田 我々外資の強みは、その国際性とサービスの先進性ですが、日本のお客様への浸透性、親和性という意味 では日系認証機関に一日の長があることも確かです。例えば小野寺さんのお話に出た地道な社内改 善やお客様への丁寧な対応などは、日系認証機関の非常に優れた部分で我々が見習うべき部分でも あります。キメ細やかで企業間同士の人的な繋がりを重んじる日系認証機関と、先進的なサービス をグローバルに展開する外資系認証機関との組み合わせは、現在のような厳しい経済状況下にあっ ては、ますます重要なものとなっていくと考えていることが最大の理由と言えます。 また、日科技連さんのように、いいお客様を抱えておられながら、セクター規格のカバー範囲が 足りないために、お客様が他の認証機関に移籍してしまうケースも有るでしょう。それはお客様に とっても不幸なことであり、その部分を我々のサービスで補いたいとも思っておりました。

――なぜ日科技連さんと提携しようと思われたの でしょうか?
前田 日科技連さんの理念やスタンスに共感できたことが大きいですね。最初の話があってから 契約締結までにかけた時間はたった2カ月です。日科技連さんは組織としての立ち位置をはっきり されています。品質管理から始められていて、それが現在も脈々と受け継がれており、お客様にも真摯に対応されています。いいお客様を審査されていることも、今回の提携を決めた大きな理由です。また管理者層が若いため、意思決定が早く、思考が柔軟です。将来のビジョンにも共感できました。(後編vol2.へ続く)

>< 前のページ | 1 | 2 | 次のページ >