DNV GL Web Magazine
トップページ > IATF16949

自動車セクターサービス一覧

IATF16949:2016 内部監査員養成コース(2日)car

このコースはIATF16949の規格解釈を始め、コアツール、自動車産業プロセスアプローチの監査手法など、内部監査員が習得しなければならない必須の項目を解説致します。

IATF:2016新コース


詳細・お申込みはこちら

セミナー/トレーニングコース

経験豊富なエキスパートがトレーニングコースを提供しています。

詳細・スケジュールはこちら>

<会場で受講> 2018年11月
神戸 19
受付中
東京 21
受付中

IATF16949は、ISO9001:2015をベースとした自動車業界固有の要求事項が追加された規格です。旧規格であるISO/TS16949:2009をうけて、2016年10月に発行されました。このコースは、IATF16949規格に関する知識を習得し,この規格に適合した品質マネジメントシステムの構築・運用のための基本的考え方,及び実務的なノウハウの習得を目的とします。

IATF:2016新コース

最新日程


時間
受講料

詳細・スケジュールはこちら>

<会場で受講> 2018年12月
神戸 3-4
受付中
東京 6-7
受付中

このコースはIATF16949の規格解釈を始め、コアツール、自動車産業プロセスアプローチの監査手法など、内部監査員が習得しなければならない必須の項目を解説致します。

IATF:2016新コース


時間
受講料

詳細・スケジュールはこちら>

<会場で受講> 未定
未定 未定

本コースでは、3つのコアツール(FMEA,MSA,SPC)に関し、単なる各ツールの説明ではなく、ケーススタディや演習を通し、各ツールの理解度深めるコースとなっております。2018年度版日程


時間
受講料

詳細・スケジュールはこちら>

<会場で受講> 未定
未定 未定

IATF 16949では自社製品にソフトウェアが組み込まれている場合に適用される要求が新たに追加されました。
これは昨今の急激なエレクトロニクス化に対する品質管理上の対策と考えられ、今後益々注目、重視されてゆくことは間違いありません。
この要求の核心は、製品開発の中でソフトウェアにおいても例外なく十分な品質管理能力が保たれているかを評価するという点です。ソフトウェア分野の品質管理手法が自動車分野にも取り入れられたと見ることも出来ます。

本コースは、この追加要求となったソフトウェアの開発能力評価にフォーカスし、これまでソフトウェアの専門家が取り組んできた品質管理手法を自動車分野の品質専門家や内部監査員向けにわかりやすく解説し、実践的な演習によりソフトウェア向けの内部監査員として養成することを目指しています。


時間
受講料

詳細・スケジュールはこちら>

<会場で受講> 未定
未定 未定

このコースはISO/TS16949の内部監査員資格保持者を対象に、社内展開につなげられる内部監査員を育成致します。

IATF 2016新コース


時間
受講料
ページトップへ戻る