Safety &Security 部 アセッサー紹介|DNV Business Assurance,Japan KK
トップページ > 自動車関連 > Safety &Security 部 アセッサー紹介

Safety &Security 部 アセッサー紹介

機能安全チームFunctional Safety team

機能安全部 プリンシパル エキスパート
山下 修平 SHUHEI YAMASHITA
Yamashita
1983年自動車会社に入社、30年にわたりエンジン電子制御システム, 車両レベル電子アーキテクチャ開発などに従事。この間 2005年より自動車技術会 機能安全分科会長に就任し、ISO 26262 策定活動に参画、国内の規格審議活動を主導。
2013年より欧州系認証機関に移り、テクニカルディレクタとして国内外自動車業界における当該規格導入支援で広範囲に活動。 2014年4月より現職SCN-SG(任意団体安全コンセプト記法研究会)チェアマン

機能安全部 プリンシパル エキスパート
原 秀幸 HIDEYUKI HARA
Hara
電機メーカーにてプラント制御用コンピュータの設計、その後半導体メーカーにて32ビットマイコンの 設計に携わった後、自動車部品サプライヤに異動し、2005年より自動車技術会機能安全分科会にて 山下と共にISO26262策定活動に参画。 2012年10月より現職。
機能安全部 プリンシパル エキスパート
川原 卓也 TAKUYA KAWAHARA
Kawahara
原子力、化学、宇宙、交通等、様々な産業分野における潜在危険分析や確率論的リスク評価の経験を活かし、機能安全に関わる教育や認証取得支援に従事。 2011年8月より現職。博士(工学)

国立大学法人 九州工業大学 客員教授
公益財団法人 日本適合性認定協会 専門委員

2011年より欧州系認証機関にて自動車業界を中心とした幅広い業界における機能安全対応の活動支援やアセスメントの経験後、2015年1月より現職。
機能安全部 プリンシパル エキスパート
ランジー チャブラ Ranjeet Chhabra
Ranjeet
17年間に渡り、日本をはじめ、中国、韓国、インドにおいてAutomotiveSPICE/機能安全/CMMIベースのプロセス改善業務に従事。Automotive SPICEおよびISO/IEC 15504に基づく第三者アセスメントを150件以上実施。

iNTACS認定のAutomotive Spice Assessor資格付教育(Provisional 及びCompetent)を提供し、200人以上のアセッサーを教育。 iNTACS™ Principal Assessor及びInstructor (Provisional and Competent)
機能安全部 エキスパート
浅田 幸広 YUKIHIRO ASADA
asada
電機メーカで10年間、発電所制御装置・保安装置設計に携わった後、2005年に自動車メーカ(自動二輪部門)へ転職。主にバイワイヤーをはじめとする制御システム開発を経た後、国内外の法規化対応において、自工会、自技会の取り纏めとしてUN・EU、国交省との調整やISOへ規格化提案を実施。2014年よりISO26262導入社内統括として活動を推進。

2017年10月より現職にて機能安全普及に従事。
機能安全部 エキスパート
内山 幹康 MIKIYASU UCHIYAMA
Ranjeet
二輪メーカながら画像認識、ガスエアコン等の様々な電子制御システムを開発。

二輪の走行系電子制御システムの開発以降、機能安全に絡むことになった。ISO 26262のための社内機能安全規格対応グループを立ち上げた。

社外の活動では、自動車技術会、自動車工業会、日本自動車研究所、安全コンセプト記法研究会、ASAMの関連会議に参加してきている。2016年12月より現職。
機能安全部 エキスパート
小澤 弘正 HIROMASA OZAWA
Ranjeet
Tier1サプライヤーにて各種システムのセンサー・アクチュエータの開発・品質保証を経て、自動車技術会、自動車工業会、JASPARにおけるISO 26262の規格審議や、規格対応検討活動に参画。

確証3方策実施要領を把握するため、ISO9001審査員補、A-SPICEアセッサーの資格取得、自動車へのセキュリティ要求の趨勢から、セキュリティの基本的な考え方を学ぶためISO27001審査員補資格取得。

2011年よりISO26262の社内展開、アセッサーとして機能安全対応の経験後、2019年3月より現職。
機能安全部 エキスパート
高田 聖 AKIRA TAKADA
Ranjeet
自動車会社にて主に走行系電子システムの信頼性評価、設計支援を経て、自動車技術会、自動車工業会におけるISO 26262の規格審議や、規格対応検討活動に参画。

2011年より欧州系認証機関にて自動車業界を中心とした幅広い業界における機能安全対応の活動支援やアセスメントの経験後、2015年1月より現職。
機能安全部 エキスパート
古川 剛彦 TAKEHIKO FURUKAWA
Ranjeet
電子楽器メーカ、家電メーカやソフトウェアベンダなどで製品開発におけるハードウェア/ソフトウェア設計や標準仕様策定などを経験したのち、ソフトウェア開発会社において組込みソフトウェアの開発プロセスや設計の改善に関するコンサルティング業務に従事。

機能安全関連は自動車業界団体JASPARにおける活動よりスタートし、ISO26262規格対応成果物の作成を試行した活動について全体の推進業務を行う。 それらの経験を基に、現在は車載システムサプライヤを中心に機能安全規格対応のための技術支援を行っている。2015年4月より現職。
機能安全部 エキスパート
吉村 達 ITARU YOSHIMURA
Yoshimura
船舶関係機関にて主に舶用機器の認証業務に従事、IEC 61508に10年関わり、2012年より現職。IEC 61508の他、ISO 26262の関連業務に従事。

ISO 26262においては、システムレベルを主に担当、トレーニング、プロセス評価等の業務に従事。 博士(工学)
機能安全部 テクニカル アドバイザー
宮崎 義弘 YOSHIHIRO MIYAZAKI
Miyazaki
1977年より、電機製造業にて、制御コンピュータの開発などに従事。2006年より、その自動車部門にて、電子プラットフォーム(基盤ソフトウェア、モデルベース開発など)や機能安全の技術統括に従事。

コンソーシアム活動では、JASPAR/機能安全WG/技術アドバイザ、自動車機能安全カンファレンスプログラム委員などを担当。2019年9月より現職。

サイバーセキュリティチームCyber Security Team


準備中 update soon.


入力内容に問題がありました。

送信内容の確認

下記の内容で送信いたします。 ご確認のうえ内容に問題が無ければ、ページ下方の [送信する] ボタンを押してください (修正する場合には、[戻る] ボタンから前の画面に戻れます)。

お申し込みを有難うございました。

下記の内容で受け付けました。
登録されたメールアドレスに自動的に確認メールを送りしています。
もし、確認メールが2日以上届かない場合は、 大変お手数ですが別途弊社までお問い合わせください。

⇒ Safety &Security 部 アセッサー紹介ページに戻る
⇒ サイトトップへ

お申し込みEntry

会場及び日程 必須

※ご希望の会場と日程を選択してください。

会社名 必須
氏名 必須 例)やまだ たろう
例)山田 太郎
メールアドレス 必須 例)test@dnv.com
確認のためにもう一度ご入力ください。
電話番号 必須 例)06-123-4567
所属・役職 必須
所在地 必須
FAX番号 例)06-123-4567
その他ご連絡事項があればご記入ください。
参加者合計人数
参加者氏名1 例)やまだ たろう
例)山田 太郎
参加者氏名2 例)やまだ たろう
例)山田 太郎
参加者氏名3 例)やまだ たろう
例)山田 太郎
参加者氏名4 例)やまだ たろう
例)山田 太郎
ページトップへ戻る