パナソニック株式会社|DNV Business Assurance,Japan KK
サイトトップ > オートモーティブシステムズ社ISO27001グローバル認証取得

パナソニック株式会社

パナソニック株式会社

4月16日、パナソニック株式会社 オートモーティブシステムズ社(以下ASC社)のISO27001グローバル認証の認証式がとりおこなわれました。

ISO27001グローバル統合認証の認証式

パナソニック株式会社
オートモーティブシステムズ社
にて認証式が行われた。

まず、JACO-ISの東口社長から取得にあたっての喜びの言葉が述べられました。認証機関からの立場として、効率的で使いやすいマネジメントシステムの構築が肝要であること、そしてJACO-ISとしては、今後とも審査を通して、効率的な運用に全力で協力することを力強く述べられました。

次に弊社GMのルカ・クリショッティが、今日認証式を迎えられた事の喜びの意を表わしました。約1年前のスタートアップからの様々な困難を振り返り、認証は取得されたがこれで終わりではなく、力強いブランド構築・顧客の信頼性を高めるためにも、今後も継続的に取り組む必要がある事を述べました。 3番目に、ASC社のグローバル認証を全面的にバックアップして頂いたという、中山参事の紹介を受けて、パナソニック本社の金子本部長から祝辞を頂きました。

認証式にて
認証書とともに参加者全員の写真

ISO27001グローバル統合認証は、まだ世界でも片手で数える程しか取得実績がなく大変な快挙であること、世界で吹き荒れる厳しい経済状況の中で取得できたことは大変すばらしい事であることを述べられました。 金子氏はパナソニックグループの概観に触れ、パナソニックグループは2004年から企業風土の改革を始めてきたこと、2007年からお客様から安心してお付き合い頂ける企業を目指したことを挙げ、「客観的な評価の一つとしてISO27001を第三者認証機関とともに、ドメイン単位という大きなくくりの中で取得するという動きを進めてきた、ASC社はその先駆けとなったこととなったことは非常に喜ばしい」と述べられました。

また、取得は取って終わりではなくスパイラルアップしていく仕組みとして、継続取り組むことが大事であること、業務プロセスに密着したリスクマネジメントの一環として現場から知恵を絞って生み出していくものであることを強調されました。 特に海外の審査を担当しました弊社に対し、5カ国の審査を効率的に進めるために周到な準備をしていただいたこと、また、現場に負荷を掛けない合理的な審査をして頂けたと伺っていると、感謝の言葉を頂きました。

最後にASC社の社長、津賀様から、言葉を頂きました。まずJACO-IS,DNVに対して感謝の言葉があり、また、ASC社一丸で取得したことに対して社員への労いの言葉を述べられました。

英語でのスピーチの中で、各部署や海外との連携や効率の重要さについて語られ、今回の認証取得がパナソニック全体においても重要な意味を持つことを強調されました。また業務プロセスの改善の困難について述べられ、「とても難しく一筋縄ではいかないが顧客のためにも果断に取り組まねばならないこと、そしてこの認証取得がその一助になる」と話され、今後も継続して2認証機関に対しての協力をお願いしたいことを述べられました。

ASC社の認証をはじめとして、パナソニック各ビジネスドメインは、グループ全体のガバナンスを確保のために各ドメイン毎に国際統合認証取得へと順次進められる方針です。

パナソニック株式会社

DNVが年3回発行している『DNV Forum』2010年01号において、パナソニック株式会社の情報セキュリティマネジメントプロジェクトについて記事が掲載されております。記事の中でパナソニック全体について、金子啓子本部長は「我々パナソニックの創業の理念は深く私たちの行動に根ざしています。パナソニックは、人々と社会に貢献するために存在しています。この理念に基づいて行動するために、継続的に組織として高い倫理基準維持し、改善しなければなりません。新たな知識の共有を獲得するべく、パナソニックと関連事業者の双方にて正しく情報を管理・運用することが肝要であると考えています。」と語られています。

また、このプロジェクトが重要な意味を持つこととともに、業務プロセスの改善の困難について述べられ、「とても難しく一筋縄ではいかないが顧客のためにも果断に取り組まねばならないこと、そしてこの認証取得がその一助になる」と話されました。

金子 啓子"

金子 啓子 

セキュリティ本部 本部長

ページトップへ戻る