SOTIF|DNV Business Assurance,Japan KK
トップページ > 講義型トレーニング > SOTIF

自動車セクターサービス一覧

IATF16949ソフトウェア向け内部監査員養成コース(2日)car

IATF 16949では自社製品にソフトウェアが組み込まれている場合に適用される要求が新たに追加されました。
これは昨今の急激なエレクトロニクス化に対する品質管理上の対策と考えられ、今後益々注目、重視されてゆくことは間違いありません。
この要求の核心は、製品開発の中でソフトウェアにおいても例外なく十分な品質管理能力が保たれているかを評価するという点です。ソフトウェア分野の品質管理手法が自動車分野にも取り入れられたと見ることも出来ます。

本コースは、この追加要求となったソフトウェアの開発能力評価にフォーカスし、これまでソフトウェアの専門家が取り組んできた品質管理手法を自動車分野の品質専門家や内部監査員向けにわかりやすく解説し、実践的な演習によりソフトウェア向けの内部監査員として養成することを目指しています。
詳細・お申込みはこちら

セミナー/トレーニングコース

経験豊富なエキスパートがトレーニングコースを提供しています。

詳細・スケジュールはこちら>

<会場> 2021年8月
オンライン 25
受付中

自動運転に関して、これまでの枠組みを越えた新しい技術や仕組み作りなどの対応が急速に求められる中、性能限界およびミスユースなどに対する安全性、すなわち「SOTIF」(意図した機能の安全性)の規格化が進められています。

3時間
¥30,000(税別)
SOTIFの核となる概念、および規格構成の理解により、安全ライフサイクル中に求められる活動内容の全体像と各活動の概要を習得いただけます。
時間3時間
受講料¥30,000(税別)
ページトップへ戻る