DNV GL Web Magazine
トップページ > 講義型トレーニング > 食品

講義型コース「DNV トレーニング」


詳細・スケジュールはこちら>

<会場で受講> 2019年3月 6月 9月 2020年1月
横浜 15
締切り
  20
受付中
 
神戸   14
締切り
  24
受付中

2018年6月、ISO22000:2018が発行されました。2005版と2018版の相違点、新しい用語・定義、要求事項の改定のポイントを解説いたします。


時間
受講料

詳細・スケジュールはこちら>

<会場で受講> 2018年12月
横浜 13
締切り

このコースでは、ISO22000認証スキームによる食品安全マネジメントシステムの原則と実践を学びます。
知識の習得、分析と建設的な自己学習を通じて、研修の完了時にはISO22000認証の取得の準備を実施するのに必要な技能を獲得できます。ISO22000:2018 差分解説も含みます。


時間
受講料

詳細・スケジュールはこちら>

<会場で受講> 2018年8月 11月 2019年5月 10月 11月 2020年2月
横浜 20
締切り
12
締切り
17
締切り
  8
受付中
28
受付中
神戸       18
受付中
   

このコースでは、FSSC22000認証スキームを学習します。知識の習得、分析と建設的な自己学習を通じて、研修の完了時にはFSSC22000認証の取得の準備を実施するのに必要な技能を獲得できます。


時間
受講料

詳細・スケジュールはこちら>

<会場で受講> 2019年2月 9月
神戸 13 〜 14
締切り
 
横浜   5 〜 6
受付中

このコースでは、将来の内部監査員が、ISO19011に基づきFSSC22000認証スキームによる食品安全マネジメントシステムの内部監査を学習します。 研修を受ける内部監査員候補は、最新の優れた監査手法を認識すると同時に、分析と建設的な自己学習を通じて、自身の監査技術を開発することができます。


時間
受講料

詳細・スケジュールはこちら>

<会場で受講> 2018年11月 12月 2019年6月 10月
横浜 21 〜 22
締切り
    30 〜 31
受付中
神戸   18 〜 19
締切り
19 〜 20
締切り
 

厚生労働省より、2018年6月13日に食品衛生法の改定に伴うHACCPに沿った衛生管理の制度化が発表されました。 本セミナーを通じて、HACCPを基礎から理解し、現場での効果的な検証方法の習得をしていただきます。 ※食品衛生の一般原則コースと合わせて受講いただくことで、HACCP講習3日間の受講証明書を発行いたします。


時間
受講料

詳細・スケジュールはこちら>

<会場で受講> 2019年6月 11月
神戸 21
締切り
 
横浜   1
受付中

安全な食品の生産のためには、HACCPだけでなく衛生管理が不可欠です。このコースでは、工場の前提条件プログラム/一般衛生管理についてあ、Codexの食品衛生の一般原則に基づいて、参加者が所属する組織にとって、何が必要かについて理解を深めます。 ※HACCP導入コースと合わせて受講いただくことで、HACCP教育3日間の受講証明書を発行いたします。


時間
受講料

詳細・スケジュールはこちら>

<会場で受講> 2019年8月
横浜 29 〜 30
受付中

【FSSC22000 Version4 対応】 このコースでは、食品偽装とは何か、そして、どのようにして、食品・飲料産業のリスクの全体像に適用するかについて理解します。そして、脆弱性評価、その他のリスクアセスメントの手法を含んだ、リスクの緩和活動について学びます。


時間
受講料

詳細・スケジュールはこちら>

<会場で受講> 2019年10月
横浜 11
受付中

本セミナーでは、ヒューマンエラーについての基礎知識だけでなく、ヒューマンエラーが発生してしまった場合、どのようにして真の原因を捉えるか、また、ヒューマンエラーの対策をどのように考えれば良いかを習得します。


時間
受講料

詳細・スケジュールはこちら>

<会場で受講> 2019年11月
横浜 11
受付中

このコースでは、内部監査員が、食品安全マネジメントシステムの内部監査を行うための原則と実践を学びます。 研修を受ける内部監査員候補は、最新の優れた監査手法を認識すると同時に、分析と建設的な自己学習を通じて、自身の監査技術を開発することができます。 研修の完了時には、内部食品安全マネジメントシステム監査を準備し実施するのに必要な知識と技能を獲得できます。


時間
受講料

詳細・スケジュールはこちら>

<会場で受講> 2020年2月
横浜 14
受付中

是正処置プロセスは、組織の継続的改善のために必須のプロセスです。真の原因を特定し、除去することで、再発防止が可能となります。このコースでは、是正処置のプロセスを演習を通じて理解することで、受講後、自組織で活用できるようになることを目指しています。


時間
受講料
ページトップへ戻る